No.100

このブログも100回目になりました

見に来て頂いた皆さん 本当に有難うございましたm(_ _)m


そして これからも よろしくお願いしますm(_ _)m



今回は ある方に 想いを込めて 絵をかきました



920.jpg


君は 沢山の愛を 受けて 旅立った

そして 沢山の 愛をくれた

悲しみに 押しつぶされそうな夜をいくつも越え

君のいる場所を探した

遠い遠い空の上

眩しいほどの光の中君はいた

遠く離れていても 魂は寄り添い 温かなぬくもりを 感じる

いつの日か 逢える迄 

そのぬくもりを 大切に抱きしめて








見て下さり 有難うございましたm(_ _)m



おまけ  数々のボツ作品の中の2枚
921.jpg



922.jpg
スポンサーサイト
No.99



脳脊髄液減少症


これは あくまで この病気に知識が豊富では無い私が 娘(次女)の病気を 通して 感じた事
経験を もとにして書いた物です


代表的な一例ですが
何度病院に行っても 頭痛が治らない 原因が解らない だるくて何も手につかないなどの症状に
悩んでいる方の 何かのキッカケになって 下さればと思い 書かせて頂きました


病気の症状 治療内容は 異なる場合が 沢山あると先生に教えて頂きましたので

それを ご理解頂いた上 経験談として 読んで頂ければ幸いです



902.jpg


皆さんは 脳脊髄液減少症と言う病気を 耳にした事が あるでしょうか?

私と娘が その病名を知ったのは  今から 4年くらい前になります



娘が(次女) 中学2年生頃から 頭痛を訴えはじめ よく学校を 休む様になって 何度か脳外科に行きました

しかし 片頭痛と言われ 薬をもらいますが 一向に良くならず

病状は 悪化し 娘は 寝てばかりいました 


病院に行っても 原因がハッキリせず 次第に周りの目は 本当に具合が 悪いのだろうか?と言う状況になって行きました

私も もしかして?と思ったりもしましたが 何か引っかかるのです  


そんな中 偶然知った  東札幌にある病院に

又 同じ結果になるだろうと思いながらも 引き寄せられる様に 行きました


909.jpg



検査の結果は   「脳脊髄液減少症」 ???


「脳脊髄液減少症」とは  何らかの理由で (交通事故 転倒による衝撃など様々)
脳脊髄液が 減少し 頭痛や 怠さ  様々な症状が出る疾患との事で


軽度の人は 1日 2ℓ以上の水分補給し 一定期間 安静にして寝ている事によって 改善される場合もありますが

それで 改善されない状況の人は

「ブラッドパッチ」治療が必要と先生に伝えられました

「ブラッドパッチ」とは 何らかの 原因で 首や背中 腰などから漏れ出た脊髄液を 
患者本人の 血液を 漏れた場所に注入する事により治癒作用を起し 改善する治療との事です

しかも 大変なのは 治療後3ヶ月くらいの間 安静が 必要なのだそうです
(個人差は あると思いますが 最初は寝たきり状態が続きます)

「脳脊髄液減少症」は その当時保険適用外の病気でした

先生に 聞いた事も無い病名 しかも 高額な治療費がかかると言われ

何を信じていいかわからなくなりました


娘は(次女) 高校受験を控えた 時期に それを受けないとならないのです

1回のブラッドパッチ治療で3ヶ月
2回行うと半年 安静になる訳です  娘は2回必要だと 先生に告げられました

死に至る病気では 無いけれど 放置しておくと うつ病になる場合もあると言われ ショックを受けました

治療後 自宅で完全安静は 厳しいので 娘は入院する事になりました


906.jpg


長い 治療が 始まりました

ブラッドパッチ治療は激痛を伴うと 娘や 他の患者さんが 言っていました

娘は それを 何とか乗り越えて 安静の為 入院しました   その期間病院と隣接した 養護学校に通い

最初は 寝たまま 授業を受けていました

私は週に数回 様子を見に 仕事帰りに 病院に行きました

洗濯物を 持ち帰り 持って行くと言う 繰り返しでした

908.jpg




本当にこれで治るのだろうか?

不安な 思いを抱えながら 娘と 寄り添う日々

何度も空を見上げる日々


それまで 大好きでやっていた バレーボールの部活も 辞め

高校受験前に 半年も 元々の学校を離れると言う事は 娘にとって トラウマになってしまう程でした

そんな 娘を 必ず治ると 抱きしめて 泣きました


903.jpg



長い長い治療を終え 娘は 治り 高校に通い始め

私は やっと終わった 乗り越えられたと 感謝しました




最初に 先生に言われた事ですが 北海道で その当時 脳脊髄液減少症の治療をしている病院は 

ここしか 無かったと聞いて ビックリしたものです

偶然行った 病院が 唯一の場所だった訳です

娘に 辛かったけど 無駄になる事は無いと 何度も抱き合って泣きました


それから3年
娘は 今年高校を卒業し 専門学校に 行く事になっていました


905.jpg



しかし 先月再発してるかもしれないと 長女に言われました 次女の様子がおかしいと....

又 人生の転機で?


次女は 自分の体調が 悪くなっている事を 私に言えないし 認めたくなっかたのだと思います


いろいろ調べると 今年の4月から 脳脊髄液減少症は 保険適用になる様で 治療出来る病院も 

増えました


心が 揺れ不安を抱え 娘と 検査に 行きました

その結果 今日 再発していない事が わかったのです

診断は 片頭痛

片頭痛も厄介ですが あの過去の 苦しみより遥かにいい

専門学校にも 行ける訳です

良かった 本当に良かった


907.jpg



4年前より 治療が しやすくなった この病気を 

同じ病気で 苦しんでいる方

もしかして 病気が 潜伏してるかもしれない方に

見て頂けたら幸いです


かなり 端折りながらも 長文になってしまいました

最後まで読んで下さった方に 感謝致しますm(_ _)m



追記

この病気の 厄介なところは  まだまだ 看てもらえる病院が少ないことと
病気の症状が 世間的にあまり知られてない為に 怠けていると 誤解されやすい事だと 先生に 教えて頂きました

もし 周りにいる方で その症状の疑いが あるように感じた場合は 1度専門の病院にかかることを おすすめ
致します