No.98

昨日皆で 千歳空港に行ってきた

女だけで行って来た

母と娘二人と妹と行って来た

妹は 何時も引きこもりでお仕事なんですが  珍しく一緒に行きました



925.jpg



車の運転は 長女がしてくれました

家を出た時は 吹雪でしたが 千歳に着く頃には 青空が顔を出してくれた


923.jpg



昼過ぎに着いたので 皆でお蕎麦を食べて  アイスを食べて

飛行機の飛ぶのを 見に行った



924.jpg




それぞれが いろいろな分岐点に立ち

様々な想いを抱きながら 一緒に空を眺めた






飛行機が 特別好きな訳ではないけど 

飛び立つ飛行機を 見ると テンションが 上がって行き

夢中で 写真を撮った

屋内だし 太陽も出てなかったけど テンションは どんどん上がって行きました





飛行機の 飛ぶ空には 太陽のかわりに 月が見えて 

かえって 神秘的に見えました

932.jpg



身を切る様な 出来事が  次から次へと たたみかける様に

続いている毎日

トンネルは長く 先が 見えないけど


926.jpg




どうか 心は負けません様に

全力で 支えて行けます様に


927.jpg



一緒にいられる この 大切な時間を

一日も 無駄にしない様





大事な物を

大切な事を 


間違えない様に





そんな 事を 想う

小さな お出掛けでした










おまけ         テト「どうか そっと しておいて」
928.jpg






テト  「なんとなく 幸せ」

929.jpg



お付き合い有難うございました(´Д`)
スポンサーサイト

No.97


「冬の空を見上げて」



785.jpg


長く厳しい冬

この季節は 悲しい事を 思い出す

もうすぐ 彼女がいなくなった 日になってしまう

もう 長い月日が 流れたけど 

優しく月日が 流れたけど

蘇る記憶 

今 あなたに 逢えたなら 何を 話すだろう

伝えたい事が  沢山あるよ

あなたは 何て こたえるだろう

そんな風に あなたを 想いながら

冬の空を 見上げる