FC2ブログ
No.160

今年最後のブログになります

今年も見に来て下さった皆さん

ありがとうございました



今年最後のブログは 今年描いた絵の一部を

載せてみました

観て頂けたら 幸いです。


「守り木」
2人なら


「2人」
この1日を


「2人 モノクロ B」
この1日を 2



「時は来た」
負ける気がしない




「また明日」
又明日



「サハラ」
サハラの夕日



「ひとり遊び」
2018031218540363c.jpeg



「この空と湖と」
2018031219123999b.jpeg



「馳せる想い」
20180510212427d95.jpeg



「翼雲」
20180614130755035.jpeg



「奥底パワー」
森の光



「星屑」
星屑



「マリンスノー」
20180808201023ca9.jpeg



「冬の桜」
201808271345057f2.jpeg




「神さま地球は美しいです」
神さま地球は美しいです



「リンクしてる夜空」
2018121011550594f.jpeg



「抱きしめると あったかい」
201812101155060b9.jpeg



最後まで 見て下さり
ありがとうございました

来年も宜しくお願いますm(_ _)m
スポンサーサイト
No.159

お久しぶりでございます
この数ヶ月 毎回この出だし 笑



すっかり寒くなって
札幌でも 雪が降りました



そんな中 先日 北見に 行って来ました


何故?北見に?

20181119204520920.jpeg


次女の 友人が 帰らぬ人となってしまった



その友人の 実家の お母さんに 娘は 会いに行く
事になった


遠いいし バスなどの本数も 少ない所だったので

心配した 長女が 車で一緒に行く事になり

私も 運転が心配なので ついて行く事にしました



過保護かな?と 考えたし

娘に 断られたけど

心配だからついて行く事にしました 笑



201811192045219f3.jpeg


丁度雪が 降りそうでしたが

降らなかったし

峠を 1つも通らない 行き方を 教えてもらい

景色を見ながら ゆっくり向かいました




20181119204519285.jpeg



私自身も いろいろ考える時間が 欲しかったし

流れる 風景は 私達3人の 心を

少し和らげてくれました



20181119204522eba.jpeg


留辺蘂駅に 着いて 少し安心して 写真を撮った


駅に お母さんが 迎えに来てくれて

私と長女は 挨拶し 次女を あずけ

ホテルへ向かった



20181119204524b8e.jpeg


大切な 人を失う悲しみは 過去に 何度か私を

地獄へ突き落とした

地を這う様な思いで 乗り越えて来た

あの お母さんも

次女も

周りの人達も

同じでは ないが 近い あの張り裂ける様な

思いを している

そう 思うと 過去の悲しみと リンクし

抑えても 抑えても 涙が出た






201811192045256a6.jpeg



次女が お母さんに 送ってもらい

ホテルに 帰って来た

お母さんに 最後の 挨拶をし

今日、初めて会ったのに 抱きしめ合った

人の出会いは 不思議だ

きっと もう2度と 会わない人

でも 一生忘れない人




20181119204527f1a.jpeg


夜 私達は 言葉少なく

食事をし 温泉に入り

明日の為に 早めに 布団に入った

目を瞑ると ホテルの横の河原や

横に広がる 今日の夕焼けや

お母さんの笑った顔が 浮かんで来た


20181119204528a11.jpeg


わたし達は 知り合いや 友人が少ない様に

感じても 沢山の人に 出会い すれ違って来た

そして 沢山の人に お世話になって来た

忘れては いけなかった

今回の 小さな 旅は

わたし達にいろいろ 想いを残してくれた


もう この世界では 逢えない 人達

悲しいけど お別れして来た


娘よ

今 側にいる 心ある人達と 一緒に

長く緩やかに 時が 流れて行くのを待とうね



(留辺蘂の空に 捧ぐ)
No.158


お久しぶりで ございます

最近月1 の更新になってしまっております…笑


201810231457302e9.jpeg


札幌は もう ストーブを つけてしまう様な

季節になってしまいました

日1日と 寒くなり 冬が近づいて来ています

201810231459131e3.jpeg


色づく木々の葉に 突き抜けるような秋空

季節は 立ち止まってはくれない


20181023145910cc8.jpeg


やらなければならない 事に追われ

息がつまりそうに なる日々


20181023145910e2e.jpeg


でも 昨日 心を悩ませていた 問題が

やっと ひとつ ひと段落ついた



201810231459103eb.jpeg


しかし 心を 悩ます 出来事は

尽きる事なく繰り返される


20181023145805f04.jpeg


それでも

1つ ひとつ…


201810231511299d8.jpeg


やがて 来るだろう

この先の出来事に

振り回されてばかりは いられない


20181023145915a39.jpeg


その中で

手をかし合い

笑い合い

歩いて行くしかない



20181023145911b0a.jpeg


人それぞれ

環境 思い 性格 立場が違う

私の周りには 人生の岐路に立たされている

人達が多い




2018102314580997e.jpeg



連絡も 途切れてしまった 友人

仕事で悩む家族

離れていれば なおさら

心配でたまらない



201810231458102e5.jpeg





声は 届く?




20181023145805601.jpeg




ご飯食べてる?



201810231457271cf.jpeg



空見上げてる?



2018102314572741f.jpeg



生きて行くのは 楽じゃない

私の周りは みんな 頑張ってる

今を生きる 為に あがいている



201810231457294e5.jpeg




私も 頑張るよ


とりあえず

温かい飲み物で 一服しよう






No.157

お久しぶりです

ギリギリ1カ月ぶりの更新です


9月の頭に 北海道でも 大きな地震があり

自然の厳しさ 恐ろしさを 思い知らされました

北海道 特に札幌は 大きな地震も 少なかった

他の場所で 恐ろしい 災害が あって

どんなに 心が 苦しくなっても その痛みは想像を超えない

しかし 今回の事で ここも 例外ではない

いつ どんな 厳しい 状況になるか わからないと

自分が 如何に わかっていなかったかを 思い知らされました

様々な国の 写真や 動画を観て

地球は 本当に 美しいと 心が馳せるが

その自然界の 問答無用の厳しさに 言葉が出ない



かなり前に「生きてこそ」と 言う映画が ありますが

主人公が 生と死の狭間で

「神を感じる。 地球は美しい」的な言葉を言うんですけど

そのシーンが 今も深く心に焼きついて

人は 究極になると こう感じるのだろうと

いろいろな意味で 心に残っています


でも その映画は 結果的には 好きではないのですが 笑




頭の中で 交差し リンクし 夢中に描いた絵

それが この絵です






「神さま 地球は美しいです」
神さま地球は美しいです




お付き合い ありがとうございましたm(_ _)m
No.156


もう すっかり 秋の空

こちらの 短い夏が 終わりを告げようと しています

秋になると 冬を思い 気分が落ちます

そして 春を思い ながら冬に立ち向かいます 笑

1年は 早い

あっと言う間に 過ぎてゆき

形を残さず ただ ひたすら 季節は 巡る

そんな思いで 描いた1枚

まだまだ 入り口の デジ絵ですが

今の私の 精一杯

観て頂けたら 嬉しいです



「冬のサクラ」
201808271345057f2.jpeg